So-net無料ブログ作成
検索選択

これが現実です [サッカー]

正直J2に落ちるような選手層では無いと思っていましたが、34試合もやってこの結果なんですから、現実は受け止めなければなりません。

選手、スタッフ、フロントサポーター、スポンサー等々、チームを取り巻く全てにおいて、何かが足りなかったのでしょう。

城福さんの掲げるポゼッションサッカーは、体現出来れば素晴らしいものになるはずでしたが、残念ながらその力量は今の選手達にはなく、また城福さんにも状況に応じた柔軟性が無かった。
いつしか歯車が噛み合わなくなってきた時に、自ら修正するだけの余裕も無かった。

大熊監督に代わってから、一旦は修復しかけた様に見えたものの、精神力でつぶれてしまった。

終盤になって残留争いに巻き込まれても、きっと大丈夫だろうという満身もあったのかもしれません。

フロントを批判する人の気持ちもわかりますが、今期途中にとってきた選手が果たしてフロント手動だったのか、監督の要求もあったんじゃないかと僕には思えます。
個人名は出しませんが、明らかに怪我や代表で欠けている駒とは異なるポジションの選手を取った時、そこまでしてポゼッションサッカーがしたいのかと、疑問が沸いたのは事実ですが。


さて今日の試合、昔から言われていたメンタル面の弱さが、また出てしまいました。
試合開始から明らかに緊張していてバタバタしっぱなし。信じられないミスを連発。
でもそれはここ数試合ずっとそうでした。

そして今日の試合では、ある意味梶山と心中したのかも知れません。
試合終盤、梶山はボールを蹴ることはおろか、満足に歩くことすら出来なかった。
よほど足の状態が悪いんでしょう。
この数試合梶山がミスを連発していたのも、多分足の状態からだったんだと思います。
それでも使わざるを得なかったチーム時事も考え無ければなりません。

幸いこの前の天皇杯の様に、いい若手が揃ってはいます。
ただ、代表に呼ばれる程の選手が残ってくれるかどうか。
権田は多分残ると言うでしょうが、彼の今後を思えば、J2に置くには勿体無い。
今ちゃんは覚悟しておいた方が良いでしょうね。

ま、落ちてしまったものはもうしょうがない。
一からチームを作り直せばいいんです。
切り替えていきましょう。
そしてヴェルディだけには負けられません。

それにしても来年は大変だな、全部で38試合。
北は札幌から南は熊本まで。
四国にも行かなきゃ行けないし、鳥取も参入した。

ところで、J2チームの皆さん。
来年はうちの蝗どもが大挙して押し掛けますよ。
心して準備しておいて下さいね。
舐めてたら大変な目にあいますよ(苦笑)。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 1

feel

ポスターカレンダー届きました
お店寄ってください
by feel (2010-12-15 20:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。