So-net無料ブログ作成

千真はやはりストライカー [サッカー]

今朝は6時起き。
国会議事堂駅から7時前に地下鉄に乗り、7:30には金浦空港に。
8:40発のアシアナで10:40に羽田へ帰国。
11:15発の調布行きリムジンに乗って12:15には調布に着いた。

SOCIOカードを持っていなかったのと、時間にも余裕が有ったので一旦帰宅。
汝矣島のホテルを出てからたった5時間半だ、札幌と対して変わらない。

さて、今日の試合は疲れていたのと開門から時間が経っていたので追加料金を払ってU自由席で観戦。


先日の蔚山戦同様、前半から東京が何度か決定的シーンを作り出すも得点出来ず、また嫌な展開に。
鳥栖は東京のボランチの高橋と米本にプレッシャーをかけて、パスを出させない。
ボールを奪ってもボランチからのパスが遅いので、攻撃が組み立てられない。
守備の固められた前線に楔を入れられず、守備の網にかかってはボールを奪われる。
鳥栖はボールを奪ってからは徹底的にサイドを使い、超高速カウンターと早いクロスで東京を脅かす。

ついには前半終了間際と後半早々に2得点を上げ、ここまでは鳥栖にとってプラン通りの展開だったはず。


ここで東京はヒョンスと米本を下げて高橋をCBに、梶山と長谷川をボランチに、サイドに石川、トップに渡辺、さらに谷沢に代えて河野を入れるスクランブル体制。

ボールの支配率は高まり鳥栖を押し下げると、これまでの前線からのプレスが効かなくなり、後半30分ついに1点を返す。
そこからは、勢いのまま立て続けに2点取っての逆転劇。
渡辺は途中出場でハットトリックの離れ業だった。
やはりストライカーとしての才能は大したもの。あとはポストプレーが出来るようになればねぇ…。


ただし0-2からの逆転とはいっても手放しには喜べない。
3得点はスクランブル体制になってから。
ボランチを押さえられた時の対応や、高いサイドの裏を取られた時の対応もまだまだだ。


つぎの浦和は昨年まで広島の監督だったペトロビッチがパスサッカーをやろうとしている。
正直、広島のサッカーは苦手としていたけど、同じパスサッカーを標榜する相手として浦和には負ける訳にはいかない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。